猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。 せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

ブルガリの塩パネットーネをプレゼントに!

f:id:deerhuntercat:20211106121020j:image
「お世話になったお礼に。。。」とある日後輩が持ってきたブルガリの箱、、いやいやそんな高価な宝飾品をいただけませんわ、とよく見たらなんと!イタリアのホリデーシーズンによく食べるという「パネットーネ」だった。
パネットーネは、ミラノ発祥のイタリアの伝統菓子で、砂糖漬けのドライフルーツを散りばめた甘くて卵をたっぷり使った発酵菓子パン。パネットーネの語源は「大きなパン」という意味を持つ。
 
だが、いただいたパネットーネは「塩パネットーネ」なんだと言う。つまり甘くないセイボリータイプのパネットーネ、「パネットーネ・サラート“PANETTONE SALATO”」なんだと。
 
なんのこっちゃと思ったのだが、よくよく見てみると、、
そう、ブルガリでは甘いドライフルーツの代わりに、イタリアを代表する食材、サラミ、スカモルツァ・アフミカータのスモークチーズ、それぞれの食材の塩気にバランスを加えるケッパーの酢漬け、爽やかな酸味と甘みをもたらすドライチェリートマトを使い、 トッピングには、ピエモンテ産のヘーゼルナッツ、ポレンタというトウモロコシの粉とグラナパダーノの粉チーズで香ばしく焼き上げるという、絶妙なバランスの味わい深いパネットーネを作り上げたのである。(一部HPより抜粋)
 
これがあまりにも美味しい!!サラミとスモークチーズの味が先行し、後からドライチェリートマトの酸味がちらっと感じられて、直径10センチほどのこのパネットーネをあっという間に平らげてしまった。もっと上品にいただきたかったのだが、味見したとたん止まらなくなったのである。

f:id:deerhuntercat:20211106121216j:image

これはパネットーネ界の宝石箱や〜と叫びたいくらい。
それに、恭しくブルガリの箱に入っているのでプレゼントにピッタリ!!
 
ブルガリはもともと宝飾店にふさわしく「宝石」という名を持つチョコレート 「 チョコレート・ジェムズ」が有名で東京都内にブルガリ イル・チョコラートの工房があるらしい。
 
普段ブルガリの宝飾品には縁がないのだけれど、チョコレートやこういうパネットーネはちょっとした記念に手軽に味わえる至福の喜びである。
 
銀座のブルガリ イル・チョコラートや松屋銀座の地下1階で購入可能。
■ブルガリ イル・チョコラート
東京都中央区銀座2-7-12
ブルガリ銀座タワー10F
03-6362-0510
 
■ブルガリ イル・チョコラート松屋銀座
東京都中央区銀座3-6-1
松屋銀座地下1F
03-3567-1211(大代表)
Copyright © 2018 Deerhuntercat All rights reserved.