猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

スポーツレギンス履いて更年期太りに挑む

中年?老年?太りがはなはだしい。女性の場合、更年期太りともいう。

明らかに3年前のわたしとは違う。身体が何かと丸いのである。ウエストがないどころかパンツの上で肉がぶよついている。

自分は少なくとも同年代の平均値の中ではスタイルがいいほうだと過信していた。まあ普通に中肉中背なのだが、服選びなど縦のラインにストンと見えるのを意識していたので、周囲からは実際よりはよく見えていたというのはあろう。がしかーし、最近の劣化の加速度はどうしたことか。これが老化の洗礼なのか?

 

申し訳ないがこれでもわたし、同年代の女性より運動してるほうだと思う。週2回のカーディオバー、週1回のピラティス、週1回の卓球。。。

 

カーディオバー

LAでハリウッド女優やセレブに人気のバーエクササイズが上陸!」と2年ほど前にできた新感覚のスタジオエクササイズで、体幹が鍛えられるバレエの要素を取り入れたバーエクササイズや鉄アレイを使った筋肉トレーニングで体を美しく整え、ダンス感覚の有酸素エクササイズでダイエットや減量にも効果的、という一石二鳥のエクササイズのこと。音楽がガンガンかかってる中で、音に合わせて身体を動かす(動かさざるを得ない)ので、アップからクールダウンも含めて1時間、かなり消耗する。夜のクラスは灯りも暗めになって、もうその雰囲気だけでやる気になるし、そもそも言い方を変えればインストラクターの言う通りに身体を動かしていればいいので、何も考えず、1時間のあいだ効率的に身体を鍛えられるのである。何より筋トレと有酸素運動が同時にできる手軽さよ。

ジムでパーソナルインストラクターをつけてみたこともあったけど、「この人、数数えてるだけじゃないかしら?」とか「仙腸関節知らないとかあり得ない」とか言って止めてしまった。そもそもコスパがよくない。

cardio-barre.jp

 

ピラティス

ピラティスは身体の調整なので、筋力は使うけどほとんど消耗はしない。むしろリフォーマーの上に仰向けでいる間に寝そうになったことがあるくらいだ。ピラティスでは痩せないけど、痩せやすい身体に全体を整えることには少し貢献しているかもしれない。

www.basipilates.jp

 

 

卓球

そして今ハマってる卓球!!動体視力、瞬発力、細かなステップ、、世界卓球を観た方もいるだろうが身体の俊敏な動き半端なく、これが高齢者のやることかっと思ったのだが、なんと今卓球は子供から高齢者まで、もちろん中間層のサラリーマンにも大人気!コーチの予約がなかなか取れない人気スポーツなのである。場所もとらず、道具も小さいってのが気軽に始められる利点。トライアルに行った翌日にはマイラケットを作っていた。自分で言うのもなんだがわたしの上達ぶりはすさまじく、「石川佳純が降りてきた」と言っても過言ではない。(ウソです、はい)

www.tactive.co.jp

 

そしてこれらの運動に必要なのがスポーツ用レギンス。特にわたしのように腰や膝に痛みを抱えていたり、関節がゆるくて筋を傷めやすい人にはテーピング効果のあるレギンスが必須である。

 

CW-X(シーダブリューエックス)

テーピングの原理を利用し、下半身の筋肉や関節をサポート。これを履くと運動した後の筋肉疲労の度合が断然違う。目的に応じてジェネレーターモデル、スタビライクスモデル、エキスパートモデル、スタイルフリーボトムとある。

 

ジェネレーターモデル レボリューションタイプ (ロング丈) 吸汗速乾 UVカット レディース HZY359

CW-Xの中でもこれがいいのは以下の点。

1.サポートラインの縫い目を無くし、肌への負担軽減と軽さを追求(レボリューションタイプ)

2.ひざ・腰・股関節に加え、カラダを支えるのに重要なおしり・ふとももの筋肉までサポート

3.吸汗速乾素材「クールマックス®ファブリック」採用でさわやかなはきごこち

 

縫い目のないレボリューションタイプは薄くて軽い上に、足に縫い目の跡が付いたりしないのが利点だが、サポート能力がやや弱くなる。 

Lululemon(ルルレモン)

ヨガやピラティスをやってる人達の間では知る人ぞ知るカナダ、バンクーバー発のヨガウェアブランド。GINZA SIXの中に店舗がある。高品質で生地がしっかりしているため洗濯でクタッとなることがない上にデザインにもファッション性もあり、ブランドロゴから受けるイメージもヘルシー、ナチュラル、ハッピーな感じがいい。

 

Wunder Under High-Rise 7/8 Tight*Asia

アジアスタイルは脚の短い日本人向け?とにかく生地がしっかりしているわりに滑らかさと伸びがよく、履いていてノンストレス。 

スポーツ用レギンスって履くだけで気が引き締まって(肉は引き締まらないが)やる気がアップする。ルルレモンより薄手で気軽に履きやすいナイキが種類豊富であったのだが、なんとウエストの一番上のフチの伸びが悪く(そこが肝心や)、履くときに手の親指が折れそうなくらいストレスだったのでやめた。

 

しかしここまでやってるのになぜ太る?食べ物?いやー脂っこいものは避けてるし、酒をあおるように飲むわけでもない。たまにセブンイレブンの白くまを食べるくらい許してほしい。やはり代謝が年々落ちてきて追っつかないのだろうか? ランチに冷やし中華ゴマダレをすすりながら話していたら、友人から「その炭水化物をやめたら?」と真顔で言われた。とうとうそこかー、うーん。。。

 

▼過去記事より~白くまアイスがいかに美味いか

www.catsclaw.blog

 

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.