猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

テーラー東洋のスカジャン

2015年くらいからまた流行り始めたスカジャン。
まだまだブームは続くようですが、スカジャンと言えば「テーラー東洋」!
ジャーナル スタンダードやBEAMS、TOGA、スヌーピーブランドなどとのコラボも数知れず。
中でも群を抜いてカッコいいのがCOMME des GARCONSとのコラボ。
 
そもそもテーラー東洋のスカジャンってなんなの?
それを知るにはスカジャンがまだ「スーベニアジャケット」と呼ばれていた時代にさかのぼる。
 
1940年代に創業開始した「港商商会」。
これが今の「東洋エンタープライズ」の前身で、生地などの輸出入を扱っていて、スカジャンの全盛期となった1950年代には、ほとんどがここで作られて米軍基地に納入していたんだそうな。
 
アセテートという生地を使ったリバーシブルのこのジャケットに使用されてる刺繍は、実はものすごく高い技術で作られているらしい。

自動ミシンではなく、横振りミシン(実はよくわかっていないが、昔ながらのミシン?)を使用できる熟練の技術者によって丁寧に刺繍されているんだと。だからあんなに綺麗な刺繍ができるんですね。。
 
そして今でも直系ブランド「テーラー東洋」によって、同様にいろんな柄(特に龍、虎、鷹、富士山、舞妓など昔ながらの柄がいい)のスカジャンが生産されているというわけです。
 
 
思わず買ってしまったコムデギャルソン青山店限定のスカジャンは、黒地に黒刺繍というまったく地味カッコいい奴。
胸に虎とCDGのロゴ、背面は鷹に「my energy comes from freedom」の文字。
なんとこのSpecial Editionは「港商商会」時代の再現版でポケットには「港商」のラベルが!
少し刺繍が緩い?のもその「港商」の特徴なんだとか。
リバーシブルの裏地は黒の無地でした。
 
素材は表地・裏地:アセテート100% 中綿:綿100% リブ:ウール100% 刺繍:レーヨン100%
 f:id:deerhuntercat:20180427183731j:image
 
さらに!
テーラー東洋のスカジャンには中綿入り別珍仕様というのがある。
思わず一目ぼれの
"black tiger x japan map" 別珍リバーシブルスーベニアジャケット
tt13839-165 mid 1950s style velveteen souvenir jacket
tailor TOYO
 
赤い別珍素材に黒い虎!のインパクト大!
裏面は白地のアセテートに龍や富士山や桜が散りばめられた日本地図
 f:id:deerhuntercat:20180427183755j:image
着てると確実に「これどこの?」って聞かれます、笑。
 
テーラー東洋のスカジャンは、レディース仕様がないわけではないのだが、柄が限られていてイマイチ、メンズのSで十分です。
 
 
参考:東洋エンタープライズ
http://www.toyo-enterprise.co.jp/tailor_toyo/index.html
 

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.