猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

ジャン・ピエール・レピーヌに魅入る

一目で恋に落ちるような、プルーンカラーの面白い形状のボールペンをいただき、あまりに感動したのでご紹介。

このユニークで独創的なデザインは、元画家だったJean Pierre Lepine(ジャン・ピエール・レピーヌ)のもの。

JPレピーヌの工房は、フランスとスイスの国境近くのジュラ渓谷。
ここは 多くの伝統職人(アルチザン)を輩出した町として有名です。 

その地に脈々と継承された伝統技法と、フランスらしいエスプリの効いたデザインが特徴のJPレピーヌ。     
2003年のフランス・エビアン・サミット(G8)ではフランスを代表するペンとして、各国首脳に贈られたとか。。

JPレピーヌの製品は、職人が1本1本仕上げた、こだわりの一品。
軸のレジンは全面が同じ色ではなく、色や見る角度よって模様が異なってとても綺麗に輝きます。

このユニークなTOTEMトーテムボールペンは、彼の世界観と自らのルーツを連続した球状で表現したもの。
1930年代以前、レピーヌ氏の祖父は「削り出し」と「研磨」の技術を使って、ロザリオをはじめ、初期の電気スイッチの一部など、球状のものを作っていました。
球状の連続したデザインは、彼の祖父の仕事やルーツに敬意をこめています。
それはあたかも自分達のルーツに信仰心を合わせる古来の風習=トーテムと重なります。。

…調べると、なんて素敵な背景と歴史を持ったボールペンなんでしょう。。とまた感激。。
※左は、インディゴ・カラーシリーズ。

f:id:deerhuntercat:20180503150837j:plain

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.