猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。 せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

コロナ太りにパーソナルジムRIZAPと24/7workout

コロナ太りにファスティングしたのもつかの間、成果はあったものの、やはりファスティングの欠点はタンパク質を摂らないこと。筋肉まで落ちてしまい、結局基礎代謝までも落としてしまう結果になりかねないことだ。基礎代謝が落ちるとそれだけ少ない食事でも太ってしまうという悪循環になる。もちろん短い期間のファスティングで胃腸をリセットするにはいいけど、やはり健康的に痩せるには筋肉を落としてはならない。
以前から歳をとったら3つのキン!と自論を主張してるのだが「金、筋、菌(腸内細菌)」は本当に大事!!

www.catsclaw.blog

だが、何かと足の怪我を繰り返し、腰痛を悪化させ、そしてやっとトレーニング開始と思った矢先にこのコロナ襲来でジムに行けず、時々YouTubeでストレッチから有酸素運動筋トレをやってみたものの、やはり自分でやるには限界がある。
そもそも人に見られて褒められないと続かないという性格からしても、ここは専門のトレーナーなりのお力にすがるしかないのではないか??そこで1回ガツンと厳しく自分を追い込み、人生初の腹筋と内股筋肉をつけ、老後に備えなければ今後を生き抜くことはできないかもしれない。まだまだ卓球もやりたいし、何より腹筋をつけたら腰痛が治るんじゃないかと期待するわけで。
 
施設に入って寝たきりになる自分の姿を想像から追い払い、裏切らない筋肉とともに力強く闊歩するキレッキレの自分をイメージしなければならない。もはや背水の陣。怪我から換算すると自粛生活も10ヶ月、ここでやらなければいつできる??
 
わたしはとうとう重い気持ちと腰を上げ決意した。いくつかのジムでパーソナルトレーナーのもと計画的に筋トレをする方法から検討してみる。都内大手のジムでトライアルに申し込んでみた。大手ジムには大抵フリーのパーソナルトレーナーが契約していて、時間を予約して行える。他の施設を使わないなら会員にならなくてもいいコースがある。
だが、やはりまだコロナ禍の収まらない中、不特定多数の人間が同時に出入りし、消毒するとはいえ同じ器械を触ってトレーニングする環境は、まだまだ緊張する。それになんとなく高齢者が多いような、、、自分もその仲間だが、ジムで周りも歳とってると気分が凹むのは否めない。ロッカールームではおばさん達がペチャクチャおしゃべりしていてますます気分が萎えてしまった。
 
なんかそんなコロナの緊張の中で気を遣いながらトレーニングするって嫌だなあ、、と思いつつ、友人らにどこかいいとこないか相談してみると、なんと友人のうち2人がRIZAPに行ったことを白状した。ええっ、あのRIZAP??どう考えてもコスパに納得のいかないあのRIZAP??宣伝があざとい感じがするあのRIZAP??マジ?
そういえば、うちの筋肉自慢のセクハラ上司もRIZAPに通っていたような。。。なんだよみんなRIZAP??
 
だが、このまま歳をとると本当に引き返せなくなる今が瀬戸際、いやもう遅いかも、そいう焦りの中、友人たちの「そんなお金払うからこそ必ず達成しないといけないって真剣になるわけよ」という囁きが現実味を帯びてくる。実際、わたしの友人はそんなに太って見えたわけではなかったけど、RIZAPで体重を10kg減量し、体脂肪は14%とアスリート並みになった。それ以上やると生理が止まると言われて16%に戻したとか言ってたのが恐ろしい。
そうですか、、、ここはひとつ、その気になってみますか。
 
そこでRIZAPについて調べてみると、なんとこの手に関しては独占市場かと思ったら、RIZAPよりも安くて同じようなパーソナルジムがあるではないか。それが24/7workout。聞いたことないのも当然か、ここはRIZAPのように宣伝にお金をかけていない分、客に還元してるんだという。
 
意を決してこの2つのカウンセリングを受けてみることにした。
 
自宅からそう遠くないところにあり、パーソナルジムで完全個室、マンツーマン指導、2ヶ月(週2回/計16回)のコースあり、栄養学に基づいた食事指導付き、全額返金制度あり、という点では同じで甲乙つけがたい。
 

24/7workout

入会金38,000円、料金196,000円(1回75分×16回)=234,000円(税抜き)
全国約70店鋪、女性会員50%以上。
トレーニングウェア/タオル/プロテイン(8回無料)
 
RIZAPに続く業界2位大手で、あの派手なCMに広告費を投下しない分、料金をRIZAPより安くしているという。
駅から近いと言いながらわたしの足では遠く感じた。雨が降ってたら気分が落ちる距離。比較的小さなビルの中にこじんまりとあって、地味な感じは否めないが、なかなか爽やかなイケメントレーナーが対応した。きちんと3食摂りながらやるので食事制限も緩やかで、別料金で遺伝子検査もできる。本当に効果があるか?は食事次第だと思うので自制できるかは本人によるな、、と思ってしまう。
 

RIZAP

入会金50,000円、料金298,000円(1回50分×16回)=348,000円(税抜き)
※9月末まで申し込みのキャンペーンのため-70,000円=278,000円
 
全国130店鋪以上
トレーニングウェア/タオル/(無料)※ただしシューズは持ち込み
RIZAPのコースを利用中の会員なら、個人トレーニングとは別に予約ひとつで、好きな時にマルチマシンが使えるので、もっとトレーニングを増やしたい人やマンツーマンのトレーニングと併用して効率良くボディメイクしたい場合などに便利。
 
トレーニングの細かい内容までは申し込んで専属トレーナーが決まってから組み立てるので詳しくは聞けなかったが2つにあまり違いはないと思う。
 
RIZAPは紹介者キャンペーンをやっていて通常5万円引きのところ、9月末までに申し込むと7万円引きになるというが、それでも44,000円の差額はそれなりに大きいなあ。。。
しかし考えに考えた挙句、最終的には家により近いことと、食事制限がより厳しそうなこと、友人が行っていたので情報を分けあえる、励まされるところを優先してRIZAPに申し込むことに。
人生の中でコスパ重視のわたしがトレーニングにこんな金額を払うなんて、本当に清水の舞台で突風に吹かれて落下した気分だが、きっとこのコロナ禍で自宅生活が続く中、もしかしたら同じことを共有する仲間がトレーナーも含めて必要だったのかもしれない。
f:id:deerhuntercat:20201023195448j:image
 
年が越せないかもとなけなしのお小遣いを振り込んでやっと気持ちが盛り上がってきたのに、実際にRIZAPでのトレーニングは1ヶ月待たされる事になり、愕然。
なんとRIZAPではコロナでの自粛を解禁したのは最近らしく、そこにコロナ太りを気にする客が殺到してトレーナーが追いつかないらしい。みんな、考えることは同じだったか。
 
トレーナーが空かないとわたし用のプログラムが作成できないので、希望の日時と、特に怪我が多く、今までに数々の整形外科、整骨院、理学療法士によるリハビリなどを経験し中途半端に知識があるわたしについてこれるトレーナーの希望をだし、連絡を待つ。
なかなか遅いのですみませんと1回店長さんから電話で泣きが入ったが、これ以上待つと気持ちが萎えると訴えたら少しだけ早めてくれた。今頃、わがままな妙齢女子がやってくると戦々恐々としているかもしれない。1ヶ月は待つ間に、しばらくは食べられなくなるであろう白飯、果物、アイス、などの好物を食べまくる。友人と外食にも出かけていった。「美味しいものは脂肪と糖で出来ている」何のコピーだったか、その通り。
 
さて、そしていよいよ今週から開始である。RIZAPの体験談はまた別の機会に。

 

Copyright © 2018 Deerhuntercat All rights reserved.