猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

白いスニーカーを洗濯機で洗ってみた

白いスニーカーが流行って買ってみたはいいものの、白って少しでも汚れると気分が落ちる。満員電車で白いナイキ エア ヴェイパーマックス フライニットを踏まれて心が折れて以来、履いて出かける気がしないまま、いつか洗おうとつい玄関に置きっ放しになってるこのスニーカーをそろそろなんとかしなければ。
 
革の場合は、消しゴムやお掃除グッズの定番「激落ち」のメラミンスポンジである程度は落とすことができるのだが、なかなか面倒な作業でもある。
 
そしてもっと面倒なのが布製のスニーカー、汚れやすい上にそう毎回洗っていられない。意を決して洗う覚悟のいる布製の白いスニーカー。さてどうやって洗うか??
これが、洗濯機にかければ意外と簡単だったのである。衣類を洗う洗濯機にスニーカーを入れるのはちょっと躊躇するが、この方法ならそんなに気にしなくていい。
 
1. スニーカーのインソールやシューレースを外す
  シューレースは後で洗濯機に入れて洗うので外しておく。インソールも外せる場合は外しておく。
 
2. スニーカーを濡らして表面の汚れを落とす
  あらかじめ表面や靴底の汚れを古い歯ブラシで落としておく。シャワーをかけてさっとブラシでこすって流すだけである程度汚れは取れる。歯ブラシに少し洗剤をつけてもよい。
  
3. 漂白剤をスプレーする
  オキシクリーンのスプレーをかけて5分〜10分放置する。こうすることでより白くなる。
 
4. スニーカー用ネットに入れてから洗濯機に入れて洗う
  洗濯機やスニーカー自身を傷めないためにもクッション入りの洗濯ネットが必要。入れたらあとは洗剤を入れて普段通りの自動洗濯でOK。シューレースを入れるのも忘れずに。
 
5. 脱水後、洗濯機から出したら日陰に干す
  洗濯ネットのまま吊るしてもよし。とにかく風通しのよい日陰に干すこと。
  
この過程、思ったよりもものすごく楽で簡単だった。オキシ漬けで有名なオキシクリーン(アメリカ版がオススメ)にはスプレータイプがあり、一つあると洗濯前にさっとスプレーできて重宝する。
そして、一番大事なのがスニーカー用洗濯ネット。クッションが入っていて洗濯機の中でゴロゴロせずに内部を傷めることもなく、スニーカーを優しく守ってくれる。仕切りがあるので左右各々を分けて入れられて、そのまま干す事もできるループが付いている。
f:id:deerhuntercat:20191103222451j:image
 
以前は、浴槽をオキシ漬けするときに、あれこれ一緒に入れた中にスニーカーを放り込んだこともあったが、そう頻繁に浴槽を漂白しないので、洗濯機はささっと白いスニーカーを洗うのには持ってこいの方法である。
 
ちなみにナイキ エア ヴェイパーマックス フライニットは一番のお気に入りスニーカーで、この白は何にでもあってスタイルの完成に欠かせないスニーカー。ダッドスニーカーが流行った時も、その反対のスリムなスタイルで何ものにも動じることなく活躍した一足である。
これからも長く大切に洗いながら履いていきたい。
Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.