猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

アディダスファルコン / adidasFALCONにパイソン柄登場!

スニーカー好きというか、腰を痛めて以来、通勤にスニーカーを愛用するようになってつい集まったスニーカーの数々。。

しかしシュークローゼットがスニーカーだらけになって、今年は買わないように心がけていた、はずだった。

ハイブランドのスニーカー参戦は、2019AWも健在のようで、各メゾンがこぞって新しいスニーカーを発表している。

それには目もくれなかったのは、スニーカーはスニーカーブランドで買う方が「履き心地」という点においてはメゾンを上回ると思ってるから。

エルメス、グッチ、ピエールアルディ、、、自分の足型にも問題があるのだろうけど、ワイズがきつかったり踵が擦れたり、あるいは革が良すぎて?靴の中で滑ったり、、、高いお金を払って無理して履いてる感じが、、苦。

 

今までで一番履き心地がよかったのはNike Air Vapormax Flyknitナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット)である。この手はどんどん進化しているけど、新しくアップデートされたものより、初期のほうが断然いいのはなぜだろう? 今販売しているナイキ エア ヴェイパーマックス 2019は試着段階ですでに、踵がくいこんで痛くなってしまった。フライニットでないのも痛い。

Nike Air Vapormax Flyknit はその初期のものをまとめて買っていたので、今でもまだまだ激履きしている快適なスニーカーである。

 

しかしある日ふと覗いてしまったアディダスのサイトで、また触手が。。。

それがこのアディダスファルコン / adidasFALCONのパイソン柄。

スネークスキン型押しレザーのスタンスミス限定モデルで、1990年代の反骨精神にインスパイアされた、大胆なシルエットと強烈な色使いの一足。型破りなシェイプが当時のムードを漂わせている。この特別バージョンは、スネークスキン柄の型押しをレザーアッパーにあしらっている。さらに、ゴールドカラーのアグレットとプリント入りソックライナーを備えた、スペシャルボックス入りの限定モデル。(公式HPより)

f:id:deerhuntercat:20190905160149j:image

 

そもそもアディダスのファルコンは90年代にアディダスが発売したadidasFALCON Dorfというモデルに現代の技術を付加してアレンジしたもの。流行りの” ダッドスニーカー”を意識して、いろんなカラーバリエーションで発売されて以来、人気急上昇のスニーカーである。

実のところダッドスニーカーにはさほど興味がなくって、トレンドはすぐ終わるだろうし、その末路が厳しい、と勝手に思い込んでもいたのだが、このパイソン柄ファルコンを見たとたん、「むおおおお」と唸ってしまった。

大好きなパイソン柄だが、実はパイソン柄ってレオパード柄がキツくなってきた妙齢女性のモード感を保つのに、ちょうどいいアニマル柄だと思う。パイソン柄にもいろいろあるのでそこは選ぶのだが、あまり生々しくなく、茶系よりグレー系のパイソン柄で主張しすぎないこと、が条件である。HYKEが何年か前からパイソン柄を服に取り入れているけど、すごく上品な感じでカッコいい。

 

そのパイソン柄でファルコン。思わずポチッてしまったのは言うまでもない。

分厚いソールのわりに軽く、アディダスのTorsionシステムという技術を搭載しているためか、タウン用にも関わらず機能性も抜群の履き心地である。サイズはユニセックスだが、きもち小さ目かも?(あくまで個人の感想)またコスパもよくってこれで12,960円ってすごい。どちらかというと(というか、かなり)若向きのスニーカーだけど、このパイソンだけは、いただきである。

このスニーカーは服とのバランスが重要だなってのが履いてみた実感。スニーカーがぼってりしている分、足首をすっと出してパンツとの裾を空けた方がいい。

 

アディダスはマイアディダスっていうカスタマイズサービスをやめたので、NIKE iDみたいにオリジナルでオーダーできなくなったのは残念だが、やっていたらこのファルコンも対象だっただろうな。しかし、それにしてもものすごく色、柄、素材の種類があるので,探せば気に入った1足がみつかるかもしれない。

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.