猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

この漫画に夢中「キングダム」と「偽装不倫」

 

 話題の映画「キングダム」を観た。原作を読んだことがないのはもちろん、ストーリーもよく知らない状態で、まっさらで観た感想は「最高に面白いエンターテイメント!」そして大沢たかおに惚れた!もう後半は彼の登場が待ち遠しくてしかたなかったし。

 

原作は「週刊ヤングジャンプ」で連載中(現時点で54巻!)の、累計発行部数4,000万部突破の人気超大作。紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になること誓った孤児の少年の物語。映画も公開から42日間で興行収入50億を軽く超えている、、、というのを知ったのは映画を見終わった後、漫画本を後輩に借りてから。へえええ、そんなすごいかったんだ。。。

思えば漫画本を借りて読んだりするのも超久しぶりで、昔は「風呂の友」と言いながら風呂フタに漫画を乗せて読みふけっていた時代もあったが、いい歳してそれももうないだろうと思っていた。だが、ここに来て「面白い漫画」読みたい熱が沸き上がってきたのである。

 

「偽装不倫」東村アキコ

今一番ハマってるのがこれ。独身で実家暮らしのアラサー派遣社員が、婚活に疲れて韓国に一人旅したことがきっかけで知り合った韓国人男性についた嘘から始まるあれこれ。。。姉の不倫も加わって話がややこしくなるところが楽しい。本は全編カラーなので11000円と高い。。その分丁寧に描かれているがそのカット割りはどうみてもテレビドラマ化を狙ってるだろう、というもの。案の定日テレの7月ドラマになった。東村アキコの漫画は『東京タラレバ娘』や『海月姫』などがドラマ化されている。

 

この続きがLINEマンガで見たいがために、友達に紹介しまくり(12人まで紹介できる)、もうLINE友達を使い切ってしまったわたしである。(決して課金しようとはしない)

 

思えばその昔、読み漁った漫画は

テニス漫画の金字塔「エースをねらえ」(山本鈴美香)全10巻から始まって、、、

 

7つの黄金郷(エルドラド)」(山本鈴美香)全7巻

エリザベス女王一世の時代の英国を舞台に、海賊に預けられた貴族の双子(その一人の背中にはエルドラドを示す暗号が刺青で彫られている)と、黄金のインカ帝国をめぐる諸国の欲望が絡み合う壮大な長編時代劇。ラブロマンスも含んでもう萌え尽きそうになる。山本鈴美香が連載中に体調を崩したとかで未完のまま、全国のファンが続編を待ち望んでいる。

 

「海の天辺」(くらもちふさこ)全4巻

中学生の女の子がクールな男性教師に思いを募らせるピュアな初恋ストーリー。教師と生徒との恋愛物語の金字塔、だとわたしは思う。いつ読み返しても年甲斐もなくこの男性教師にキュンキュンする自分が気持ち悪い。

 

「千花ちゃんちはふつう」(くらもちふさこ)全2巻

親の再婚によって風変わりな兄ができた女の子の物語。本音のわからないイケメン男を描かせたらくらもちふさこは天才。クールで魅力的な人物描写にいつも感心する。

 

「白のファールカ」(槇村さとる)全8巻

アイスダンスの選手がシングルから転向してきた天才スケーターとペアを組む葛藤と恋を描いた物語。槇村さとるはフィギュアスケートを題材にした「愛のアランフェス」もあり、フィギュアを習ったことがある自分としては珠玉の作品。

 

「日出処の天子」(山岸凉子)全7巻

厩戸王子(聖徳太子)の少年時代を経て、摂政になるまでを描いた歴史ファンタジー。厩戸王子を天才・超能力者・同性愛者として描いていて、その存在感に思わず引き込まれる。

 

BASARA」(田村由美)全27

文明が滅び退化した時代の架空戦記だが、もはや少女漫画の枠を超えた長編大河ロマン。家族の仇と知らずに愛し合うっていう王道のストーリー展開がわかっていながらハマる。

 

どれも古い昔の作品だが、それを感じさせない秀作ばかりである。面白い漫画に夢中になり出すと、とにかく続きが読みたいので電車の中だろうが風呂の中だろうが止まらない。最近はスマホでサクサク読めるので、「偽装不倫」に続く新しい漫画を探しているところである。

はたしてこの歳になっても夢中になる漫画にまた出会えるだろうか?

 

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.