猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

ファーサンダルを作ってみた

去年の夏頃から毛皮のサンダルが流行っていて、どうしても欲しかったわたしはあれこれリサーチしては、やれ毛皮のボリュームが足りないとか、少しカールしてほしいのよねとか、ソールが薄すぎるとか商品画面にブツブツ言っては結局満足のいくものが見つけられずにいた。

 

何だかんだいってUGGにたどり着く。この時期にきたらセールになってるんじゃないか?さすがファーサンダルだけでも種類が豊富!

 

JONI(ジョニ)

シープスキンがくるくるのカーリーファーがかわいいんだが、ソールが薄っぺらすぎて足がすぐ痛くなるわたしにはムリ。

 

FLUFF YEAH SLIDE(フラッフ イヤー スライド)

一番人気の商品らしいが、履いてみたらソールにも敷き詰められたモコモコが気持ちいいものの、ずりっと足が滑り落ちてしまい、歩きにくい。。。

 

HOLLY(ホリー)

このファーのボリューム!バックストラップ付き、クッション性に優れた高機能3層フォームのフットベッドと軽量アウトソールという申し分ない要素でありながら、わたしの苦手とするトング型が惜しいっ。トングはどうしても指の股が擦れて痛いのよ。

 

UGG SLIDE (アグ スライド)

シープスキンファーでかたどったUGGロゴ、両足合わせると完成するというなかなかお洒落ではある。確かにいいが、ブランド名が主張しすぎるものはLOUIS VUITTON以外はごめんなさいというわたしの勝手なポリシーに反する。

  

PATCHWORK FLUFF SLIDE(パッチワーク フラッフ スライド)

表情の異なる素材ファーをパッチワークで組み合わせている。UGGロゴ入りよりもいいではないか!

軽量でしなやかなアウトソールも厚みがあり、履き心地も快適。

 

これだな。

あってもたいして用をなさないわずかなカカトだが、履くとけっこういい感じにみえる。単なるつっかけスリッパじゃないのよと遠慮気味に主張してる。パッチワークのファーの色合いもよくて、真っ黒よりいい。

ただしこのファーの具合に個体差があり、最初に見た店ではちょっと、だったので、これはネットでは買えないと思い、銀座まで繰り出していった。残念ながらセールにはなっておらず、市場在庫も売り切れのところが多かったので即決。

 

 

買ってしまってからふと思いついたのだが、サンダルのソールで歩きやすさを気にするなら、今持ってるFitFlopフィットフロップのサンダルに、ファーを貼り付ければいいんでないの??

FitFlopは人間工学に基づいて開発された、超軽量で足裏を包み込むようなソール、そのクッション性でいくら履いても疲れないサンダルで、けっこう愛用している。

そのサンダルをカスタマイズしてしまおうっていうわけ。シープスキンやレッキスなどの端切れで十分甲の部分はまかなえるはず。

ちょうどよさそうなFitFlop KYS SLIDE (キーススライドサンダル)に羊のチキャンラムファー(もっと巻き毛のカルガンラムがよかったんだがなかった)を適当に合わせた型紙に沿って切って、ボンドで貼り付けるだけ。おどろくほどボリュームのあるファーサンダルが出来上がった!!

 f:id:deerhuntercat:20190118202204j:image

 

【参考】ファーの端切れがたくさんあるサイト

www.fur.co.jp

 

 

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.