猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

iPhoneを見失わないためのケース

iPhoneに何もケースなどをつけずにハダカで持ってる人を見ると、特に女性がそれやってると潔くてカッコイイなあ、と思ってしまう。そもそもiPhoneはそうやって持つためにあるような綺麗な薄型のデザインであるわけだし、、

でもやっぱり傷つけるのがコワい、落とすのがコワい、売るときに値段が下がる(笑)、さらに確実に失くす、、、、小心者のわたしはどうしてもケースを付けることにしている。

 

手帳型ケースのおススメ

以前はシンプルで滑らない薄いシリコン素材のケースを使っていたのだが、まあ呆れるくらい見失う、というか常にiPhoneを探しているため、もう少し目立つものに替えようかと思案中の折、、、そもそも会社を出入りする際、いちいち入構証を求められるため出来ることならiPhoneと一緒にしたい、であればカードが収納できる手帳型にした方がいいのでは??

そう、それによく通知機能をオンにしていると、画面にいきなり「お気に入りの商品が値下げしました」とか出て、隣の人に見られるという恥ずかしい思いをすることがあるし、、、

 

ちなみに手帳型で気をつけたいのが、開いたとき後ろに折りたたんで持てるかということ。革が硬かったり、そもそもそういう仕様でないと電話として使う時ものすごく使いにくい。まさに手帳を開いたような格好で耳にあてることになる。VUITTONの手帳型はなかなかオシャレで持っていてカッコイイのだが、それができなくて断念した。さらに後ろに回して立てかけることができるといいですね。。。

 

そこで見つけたコレ。GAZE(ゲイズ)というブランド?が出している手帳型ケース。ここ、かなり種類があって質もよく、立てかける機能はないが、大人でも使える上品な派手さ?がいい。最近のお気に入り。

 

GAZE iPhone ケース 手帳型 本革 Hologram Croco Diary

天然牛革にクロコダイルの型押し、ホログラムコーティングというのがなかなか痺れるわけで、これならどこに置いても目立つし、忘れたりすることもないだろうと。。フレーム部分は耐久性と弾力性のあるポリカーボネート素材なので申し分なし。クレジットカード、ID、また紙幣やレシート、 名刺などが入れられる本革のポケット付き。ただし、ひとつだけ難点はストラップ用のホールがないこと。

 

GAZE iPhone ケース 手帳型 Mods Snake Diary

これは以前パイソン柄マイブームの時に使っていたケース

リアルなパイソン柄が特徴で、なかなかカッコイイ。

実はスポーツブランド アディダスのパイソン柄手帳型ケースも秀逸で(中がガラス面を保護する素材になっていた)、以前は同じものを買い替えるくらい気に入っていたのだが、もうなくなってしまったみたいで残念。

 

さらにケースにチャームを付けるがよし

そして、この派手なケースでもなお失くしかねないわたしの対策は、ファーチャームを付けること。以前は、デカいボンボンファーを付けていたのだが、なんとなく女の子っぽすぎて(女なんですが)いい歳して恥ずかしいという自覚が芽生えたため、試行錯誤の結果、このバッグハンドルファーを付けてみてはどいうか?という、、ちょっとこんなことしてる人はいないぞ的な優越感も手伝って、勢いで購入した。

ただしこれを装着するにはiPhoneの手帳型ケースにハトメの金具で穴をあけなければならない。ストラップ用のホールは付けて欲しいなあ。。まあ専用金具と金槌さえあれば意外と簡単にできるし、仕上がりは上々。

夏だろうがこのフワフワ手触りのレッキスファーを手首にくぐらせたり、ぶら下げたりしながら「これでカバンの中でも家の中でもiPhoneを見失うことはない!」とご満悦なのである。(ちなみにシルバーカンがゴールドに比べて大きかったので、小さい奴に替えてもらいました)

 

まったく個人的な好みでしかないのだけれど、このバッグハンドルをiPhoneケースに付けてみるってなかなかのアイデアだと思う。ポケットからファーが出てる感じもサマになる。とにかく落とさない、失くさない!今どきのスマホはもはや個人情報満載のコンピューターなんだから!そのための策としてはなかなかいい感じの仕上がりです。

f:id:deerhuntercat:20180728104426j:image

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.