猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

鶴屋吉信の和カフェで極上の白玉入り宇治金時を!

鶴屋吉信は享和3年(1803)創業の老舗の和菓子屋で、京都の西陣に本店がある。

繊細なアートのような生菓子は観ているだけで楽しいが、「まめかん露」などの寒天菓子もじつに美味しい!

鶴屋吉信に代々伝えられている家訓の中に「ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間ヒマヲ惜シマヌ事」という言葉があるらしいが、この老舗の心意気、戒めをよく表している。

 

京都の本店には「お休み処」と、熟練の職人がカウンター越しに目の前で季節の生菓子をつくってくれる「菓遊茶屋」があるが、東京は日本橋にある、和カフェ「鶴屋吉信 TOKYO MISEにも「菓遊茶屋」が併設している。

外国人の友人などを連れて行ったらきっと喜ぶこと間違いなし。

そして玉川高島屋B1階には、「京 ・茶房 TSURU」。

京都や日本橋のスタイルある空間とは違って、デパ地下のこじんまりとしたスペースだが、買い物帰りのおじちゃんおばちゃんに混じって妙に落ち着く、笑。

 

そして練乳かけの白玉入り宇治金時

あたたかい日本茶と一緒に出してくれる心遣いがうれししい。

氷の柔らかさ、口どけ感、宇治シロップの甘さ加減、小豆とのハーモニー、白玉の硬さ、、どこの白玉入り宇治金時にも負けない!

うーん、わたくし的にはとらやより美味しいと思うわけでして。

 f:id:deerhuntercat:20180713161036j:image

夏の暑い盛りに、一息つきたくなったら必ずここに行く東京の避暑地である。

 

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.