猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

寝苦しい夜のサーキュレーター②

 前回、サーキュレーターおすすめをいくつか好みで挙げてみましたが、ほとんどが白いボディでした。

ところで、どうして家電って白がメインなんでしょうね?リビングや寝室などのウッディな床やブラインドの内装に白は浮くと思うわけ。黒は重いし。

家電で増やして欲しい色はブラウン系です。家のインテリアを邪魔せずに上品に居て欲しいのです。

そこで今回はブラウン系がある機種を探してみました。

 ■CUBE サーキュレーター ナチュラルとブラウン(木目調)

W23×D23×H22cm

DCモーター搭載

左右に70°自動首振り

風量は最大約8.8㎥/minのハイパワー

リモコン(収納ポケット付)

OFFタイマー(1時間ごと8時間まで)

マイナスイオン発生

アロマオイル使用可能

https://item.rakuten.co.jp/dondon/sq-001/

楽天での人気ナンバー1。大きさ、デザイン、機能は申し分ない上にDCモーター搭載でこの値段は素晴らしい。パタンと折りたたむと四角になるからCUBE。

※送風力や、部屋の広さ対応表示なく説明ではよくわからない。掃除の時カバーのネジを外すのが大変。木目調にチープ感がなければよいのだが実物が見れないのが残念。

レビューではコードが短い、上下の首の角度固定が難しいとあるが??DCモーターによる静音性が風量が11段階の1で35db、ではそれ以上では?

■スリーアップ ACサーキュレーター ダークウッド(木目調) EFT-1708DW

W26×D27×H36cm

DCモーター搭載

上下左右自動首振り

OFFタイマー(1-8時間)

リモコン

室温表示付き

http://www.three-up.co.jp/product/2151/

デザインがシンプルで無駄がなく性能もDCモーター搭載も申し分ない。

※音の問題と故障がレビューにみられるのとデータ不足。。 

■±0 プラスマイナスゼロ Circulator サーキュレーター XQS-Z310 ブラウン

W25×D24×H30.5cm

上下左右同時首振り

OFFタイマー(1/2/4時間)ONタイマー(2/4/6時間)

リモコン

https://www.plusminuszero.jp/item/1039/

2012年度グッドデザイン賞受賞。扇風機としても使える。

※音がうるさいとレビュー多数。2018年モデル XQS-C311で改良されたらしいが、これがホワイトとブルーしかない。(なぜ家電にブルー!?) 

■±0 プラスマイナスゼロ サーキュレーター XQS-B320 ブラウン

W24.6×D21.5× H37.5cm

DCモーター搭載

上下左右同時首振り

OFFタイマー(1/2/4時間)

ONタイマー(2/4/6/8時間)

リモコン

24時間運転しても電気代は1日12円の省エネ設計

https://www.plusminuszero.jp/item/5522/

機能的にもデザイン的にも好評価。

※値段の割に見た目がチープとのレビュー多数。個人的には高さ37.5cmが高いかも。 

■ドウシシャ サーキュレーター ピエリア 木目調 FCT-192D/TCF-1192Dダークウッドとナチュラルウッド

W27.5 ×D18.5 × H35.5cm

DCモーター搭載

上下左右同時首振り

OFFタイマー(1/2/4/8時間)

リモコン

http://e-doshisha.com/lineup/index.html#circulator

デザインは好みによるが、ウッディ感は一番ある。

※レビューも概ね好評。

  

まとめ

デザインを優先すると、どうしても機能が劣るのが常。。コスパも考慮の上、的を絞った結果、最終的にはアイリスオーヤマのサーキュレーター アイ PCF-SC15T に!迷ったCUBE のDCモーターによる静音性が風量が11段階の1で35dbというのでは、ACモーターのサーキュレーター アイの2段階で35dbというのと変わらないじゃないか、、、というのと±0 プラスマイナスゼロ XQS-Z310改良版XQS-C311にブラウンがあったらデザインも機能的にもかなり有力候補だったのに、と思いつつ、です。 

DCモーターを搭載してるかしてないかは、省エネだけでなく静音が重要、しかしレビューを見る限りではやはり風量を上げればそれなりに音はする。

デザインにこだわった木目調か機能重視の白か、が争点だったのだけど、サーキュレーター アイのコンパクトさや風力などの機能面が「白い家電」を買うのかというリスクやプライドや「アイリスオーヤマ?」というデザイン家電好きにあるまじき選択肢をも超越してくれるんじゃないか??というのをレビューを見ながら感じたため、購入はサーキュレーター アイ PCF-SC15Tに決定となりました。ハイ。

(以上)

f:id:deerhuntercat:20180707142824j:image

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.