猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

四万十川からの〜あのしまなみ海道

日本が誇る最後の清流、四万十川を一度見てみたかったわけで。
大分の佐賀関から高速フェリーで愛媛三崎に渡り、車で四万十川へ。

f:id:deerhuntercat:20180531173649j:image

幸い天候にめぐまれた五月晴れ。
本当にエメラルドに光る川面に、その大きさに、しばし見とれてしまった。

f:id:deerhuntercat:20180531173946j:image
GWの最中、観光客でごった返しているかと思いきや、47ある沈下橋のひとつ、高瀬沈下橋は実にのんびりとした風情でなんだかほっとして心が和む。
懐かしいような日本の原風景を観た感じ。ずっと観ていたくて橋の淵に座っていた。

f:id:deerhuntercat:20180531173955j:image

遊覧屋形船に乗ってみた有名な佐田沈下橋にはさすがに人がたくさんいたけど、思ったほどでもなく、普通の休日だったら、もっとこの自然の風景を独り占めできるんだろう。


台風で川が氾濫しても、ダムを作ることには反対なのだという地元の人たちが、どんなにこの美しい自然を大切にしているかわかる。
この景色は、ずっと残していってほしい日本の宝ですね。。


松山で一泊したあと、しまなみ海道を通って尾道へ。
折しもなんと!あの刑務所脱走犯が潜伏していると思われてる向島を通るため検問があるという。。

「検問」という言葉に心がざわざわ、、、検問なんて受けたことない、なんか不謹慎だが楽しみでもある。
 写真撮ったら怒られるかな。。。そんなことを言いながら橋を渡っていたら、速報が!!なんと広島で捕まった!??
え”--------っ、よかったようなガッカリしたような。。。
「人間関係が嫌になった」って、よほどのことだったのだろうか。少し切ない。

 

尾道の展望台から臨んだ尾道水道。彼が頭に荷物を載せて、夜中に泳いで渡ったという尾道水道は、とても静かでのどかでした。

f:id:deerhuntercat:20180531173019j:image

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.