猫のツメ、ときどき腰痛。

偏った物欲と健康への偏愛。ときどき旅。ときどき腰痛。せまりくる高齢化社会を笑いながら生き抜くための情報発信ブログ。

ハイテクスニーカーを履き比べてみた

さんざんが履き倒したスタン・スミスブームが一段落。

と思ったところにスタン・スミスのソールになんとブースト版がローンチした今日この頃。。まだまだadidasは健在ですね。

 

相変わらずのスニーカーフリークなのですが、それもかなり好みが偏った。。


▼友人に言わせるとどれも同じに見えるらしい   adidas NMD R1のお気に入りたち

f:id:deerhuntercat:20180529235604j:image


履いてるスニーカーで人を見るわたしのマイブームはハイテク系で、、

NMD R-1⇒UltraBOOST ⇒UltraBOOST Xと進化と共に興味も尽きないのであるが、ナイキ エア マックスの進化形、エアがむき出しになったデザインの「ナイキ エア ヴェイパーマックス」も気になる気になる気になるこの頃。。。。

 

ハイテクスニーカーを履き比べてみたMEMO

■一番履き心地がいいUltraBOOST X

BOOSTのクッション性、プライムニットの伸縮性にUltraBOOST3.0にはないアーチサポートシステムがプラス!

足裏全体のBOOSTフォームとSTRETCH WEB OUTSOLE(土踏まずのアーチが浮いているのを見よっ)が合わさって、筋力の少ない女性でも楽に前に進めるという。

軽くバネのような反発力でグイグイ前に押して歩いてくれるのはいいが、もはや上半身がついていかないレベル、笑。

もはや身体が浮いて幽体離脱しそう。。

ハイアーチの人は特にこの土踏まずのサポート感に病みつきになるはず。

 

■見た目のカッコよさではAir Vapormax

これは文句なしのカッコよさ。

細身のシルエットでフライニットだからの足を包み込むような装着感!通気性にも優れている。

革新的なAIRクッショニングシステムを搭載したスケルトンのソールは思ったより硬い。

驚異的な軽量性、伸縮性、反発性で、ストレスが一切ない。

かなりタイトなので足幅が広い人はキツいかも。

なのでサイズを選ぶときに注意。普段の靴で23.5センチのわたしはこれだと24.5センチ。そのくらいタイト。

 

■モード系にもしっくりくるNMD R-1

サイドのブロックが意外と効いてる。ソールはBOOST搭載でしなやかな柔らかさ。プライムニットは柔らかすぎでホールド感に欠けるかも。。。メッシュアッパーの方がしっかり安定感あり。

ただインソールがフラットすぎるので、土踏まずアーチが高い人は補助を入れた方がいい。わたしはビルケンシュトックのハーフインソールを入れて履きます。

さらに敢えて難を述べるなら、個体差がありすぎること。adidas って特に感じるのですが、同じサイズの同じスニーカーでも微妙なサイズ感や、このスニーカーに至っては、カカトの角度が違って、あれ?食い込む?と履いてみて初めてわかる、みたいな、、本来なら店で試着して買うのが無難です。

 

▼左から

Nike Air Vapormax Flyknit

adidas UltraBOOST 3.0 

adidas UltraBOOST X

adidas NMD R-1

f:id:deerhuntercat:20180529235521j:image

Copyright © 2018 Catsclaw All rights reserved.